電気主任技術者って?

電気主任技術者とは、電気設備の保安監督業務につくために必要な資格です。

この資格があれば工事やビルなど多様な建物の電気設備に関わりをもてますね。

この電気主任技術者ですが第一種から第三種まであります。

第三種では電圧が5万ボルト未満の事業用電気工作物に対応可能ぬなっています。

第二種になると、さらに高い電圧も扱えるようになり、17万ボルトまで可能となっています。

ちなみに第一種になると、全ての電圧に対応可能になります。

技術者としては高い位置にある資格ですので、その分スキルは磨いていきたいものですね。

まずは目標3級、それから少しじつ上がっていけばいいと思います。

電気主任技術者ですが、1種や2種一次試験、二次試験とありますが、3級では一次試験のみです。

科目は理論・電気・機械・法規の4つ、総合的な点数ではなく科目別の特典生を採用しています。

その為、確実に一定以上の点数を取得しなければいけないわけですね。

電気は危険を伴うものです。

それだけに電気主任技術者の資格を取得するには、ハードルも高いということでしょう。

しっかり勉強すれば、仕事をしながら資格も取得できたケースもあります。

結局は本人のやる気に順する部分が多いと思いますが、追い込まれた気分になってやるのもいいかもしれませんね。